包丁の研ぎ・柄付け、その他刃物の修理承ります。

本文へジャンプ


中屋平治は刃物の修理も承ります。



どんなに素晴らしい刃物でも、使っていくうちに切れ味は次第に落ちていきます。
当店では切れ味の鈍くなった各種刃物を研ぎ直しや柄の付け替えなど、
修理も承っております。

料金は例えば包丁なら通常は864円からになります。ただし大きくかけている場合やねじれが生じている場合、研いでいた人の研ぎ癖が強く刃のラインが大きく変わってしまっている場合などもあり、詳しくは見てみないとわかりません。

 

状況はそれぞれ違いますがおおよその修理料金は以下のようになります。

 

包丁研ぎ

864円〜

包丁研ぎ+差込み柄交換

1728円〜

出刃包丁研ぎ 1620円〜
   

刈込鋏 研ぎ

1944円〜
植木鋏 研ぎ 1080円〜

 

 

裁ち鋏 研ぎ

1620円〜

彫刻刀 研ぎ

108円〜
   
鍬等農具 柄付け 2160円〜

 

 


それぞれ修理前の画像にマウスポインタを合わせると修理後のものに切り替わります。
全く違うものに見えますが、同じものです。

包丁のケース

鋼の包丁で全体的に錆びていました。
全体を研磨した後、刃先を研ぎ刃を付けました。
これで一日お預かりで1000円ほどです。

 

 

 

包丁は次のような場合は修理できません。

 

洋包丁の柄(両側から挟み込むタイプ)が割れてしまった場合。

 

和包丁の柄の中にはいっている部分が錆びて折れたり無くなってしまった場合。

 

 

 

 




鉈のケース

全体的に錆びが有り、刃の角度も丸くなっていました。柄も折れていた為、新しい柄と交換しました。
研ぎと柄と桂の交換になりました。

2日くらいお預かりしました。2500円くらいかかっています